プラレール E6系こまち をLEDライト付きに変更。

タイトルの通りなのですが、N700系のヘッドライトLED化したら息子に大好評だったので、調子に乗ってE6こまちちゃんもLED化します( ̄^ ̄)ゞ。

作成のポイントは電源(単三)とスイッチを元のまま共用すること。
あほちゃんな息子でも電源消し忘れしないようにします。

と言う訳で、以下こんなことしましたのメモ書きです。

まずは但し書き。

/*ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おもちゃの改造は当然メーカの保証対象外になります。
事故の危険もあり得ますので、
ご参考にされる場合は自己責任でお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*/

では、あらためて。
出来上がりはこんな感じです。

使ったもの

型採り関連

こまち-部品1


おゆまる(ダイソーで購入) 綿棒・ワセリン(家にあったもの)

電飾関連

こまち-部品2


左から、アマゾンで売ってた激安中華な白色LED(100個入りで216円でした)
秋月電子の1.5V LEDドライバモジュール OELLP
コネクタ代わりのピンソケットとピンヘッダ、電線とスミチューブ。(みんな家にある余り物)

ライトカバー用素材

ライトカバーに利用したのはクリアのエポキシ接着剤です。

作り方

最初に型をとります。
離型剤替わりのワセリンをボディ周りに綿棒で塗ってから おゆまる でライト周りの型を取ります。

こまち-1型取り

おゆまるが冷めるのを待っている間に、配線をしてしまいます。
仮に収まる場所を決めたら

こまち-2仮レイアウト

電源を ごにょごにょっと取って(ここは写真自粛)、回路の動作確認をしました。

こまち-6仮組み動作確認

配線のポイントは2つだけ。
1つ目は子供が触っても良いように、各所の回路・端子類は全てスミチューブなどで保護。
もう1つは後々のためにコネクタで繋いで分離できるようにしています。

おゆまるの型がキレイに抜けてるのを確認したら

こまち-4型外し

ピンバイスやアートナイフなどでライト部分を穴あけ。

こまち-5穴あけ

ボディに配線類をホットボンドで固定し

こまち-7配線完了

ライトカバーをエポキシ接着剤で作ります。

こまち-8ライトカバー

出来上がりがこちら。

こまち-9完成1

LEDを点灯するとこんな感じになります。

こまち-9完成2

子供も大満足だったので良かったです。

が、既に、
「なんでオレちゃんの一番好きなE5系はやぶさはピカってくれないの?」
とせっつかれています。
だって、あのゴマ粒4つライト、面倒そうなんだもん・・・(っω・`。)。

ぼのかば

最初にプログラムしたのは相撲ロボット用のZ80アセンブリ(Aki-80)。
以後,PICアセンブリ>PIC C と渡り歩く。

好きなICのタイプは8pinDIP。

一応、電気科卒
*ブログ内の情報はMacOSX上での操作に基づきます。

作例
PICを少々。