USB-DAC Fiio Q3のiPhone電池喰いを検証する

iPhoneでもいい音で音楽を聴きたい、となると必須となるUSB-DAC(デジタル-アナログ コンバーター)。
中でも小型でスティック型の機種は軽くて携帯にも便利な反面、電池喰いが激しいらしい。

というわけで、前回の記事ではSHANLING UA2を調べましたが、続けて比較検証用にFiio Q3のiPhone側の消費電力も調べてみました。

検証条件

前回同様に、フル充電し、再起動したiPhoneを23時〜7時の8時間連続音楽再生動作させ、電池の消費(%)を確認します。
(この間、iPhoneの画面操作はせず、画面真っ黒のまま放置します。)

なお、使用したiPhoneはiPhone8Plus バッテリーの劣化状態は最大94%でした。
iPhone8Plusバッテリーの状態

使用したイヤホン(負荷)はオーディオテクニカのATH-E50。インピーダンス44Ω。
純正の2.5mmバランス線にリケーブルしてあります。
ATH-E50_リケーブル
測定には影響しませんが、イヤーピースはコンプライのアジアンフィット TSX-500です。

結果:「Fiio Q3」の場合

Q3_L T-LT1画像
左下のケーブルはFiioのLT-LT1です。
OTGできてLightning-TypeC接続という有難い存在。
(普通のLightningーUSBTypeCケーブルで繋いでも音は出ません)
そして、Q3はMITER FiiO Q3用ケースを掛けてます。なかなかおしゃれ。

では結果。
標準のミュージックアプリでAACコーデックのアルバムをループ再生した結果は下記の通りでした。
Q3_ミュージック_結果

85%なので、標準のミュージックアプリで毎時1.88%消費していることになります。

続いて、Amazon Musicでダウンロード済みのAACの楽曲を再生した場合。
Q3_AmazonMusic_結果
80%なので、Amazon Musicでは毎時2.50%消費していることがわかります。
Q3接続でも標準のミュージックアプリより、Amazon Musicの方が少し燃費悪いですね。

ちなみに音量はQ3側のツマミで半分くらい回しています。

まとめ

以上、前回の標準のLightning-3.5mmアダプタとUSB-DACであるSHANLING UA2に加え、Fiio Q3を使って、iPhoneの電池の減りを検証しました。
結果をまとめると、最大容量94%のiPhone8Plusで下記の通りです。

DAC標準ミュージック AACAmazon Music AAC
Lightning-3.5mmアダプタ毎時1.38%消費毎時1.88%消費
Fiio Q3 LT-LT1接続毎時1.88%消費毎時2.50%消費
UA2 LT-LT1接続毎時7.00%消費毎時7.88%消費

Q3の場合はDAC、アンプとも外部バッテリー駆動しているので、iPhone側の電池は喰わないかと思いましたが、結果は多少は消費することがわかりました。

とは言ってもUA2に比べれば大した量ではないので、やっぱりバッテリー内蔵のポタアンは電池食わずで安心ですね。

次回、Fiio KA3も実験してみたいのですが、まだ買った品物が中国にあるので、少し先になるかも知れません。

それでは。

ぼのかば

最初にプログラムしたのは相撲ロボット用のZ80アセンブリ(Aki-80)。
以後,PICアセンブリ>PIC C と渡り歩く。

好きなICのタイプは8pinDIP。

一応、電気科卒
*ブログ内の情報はMacOSX上での操作に基づきます。

雑記
PICを少々。