M1 appleシリコン搭載Macで使えたiPadアプリ

M1 Macの発表される4日前という微妙なタイミングでiPad Mini2を壊してしまいまして。
実に7年使ったので、十分老衰による故障だったみたいですが。

というわけでiPadがわりになるかも?って思って今回はMacBookAirを購入しました。

で、メモがわりに使えたiPadアプリ、使えなかったiPadアプリを公開します。

M1 appleシリコン搭載MacでのiPadアプリ動作結果 2020年11月22日現在。

AppStoreに表示されない(オプトアウトされて使えない)アプリ

  • Panasonic Media Access (ディーガに繋いで、放送中・録画したものを見れるアプリ)
  • YouTube
  • Udemy (学習用動画の閲覧アプリ)

AppStoreには表示されていたが、使えなかったアプリ

  • FaceQ インストール不可 (パーツ選んで似顔絵イラスト作るアプリ)
  • Knot 3D インストール可能 だが、起動したらMBAがクラッシュ&再起動

微妙に使えるアプリ

  • Pool Break インストール可能 操作可能だが微妙
  • SUDOKU インストール可能 動作もOK 画面小さい 拡大不可
  • くらしの暦 インストール可能 動作もOK 画面小さい 拡大不可
  • すし手帳 インストール可能 動作もOK 画面小さい 拡大不可
  • AR Missile インストール可能 動作もOK 画面小さい 拡大不可

立派に使えるアプリ

  • 毎日の耳かき インストール可能 動作もOK 画面大きめ
  • 標高ワカール インストール可能 動作もOK フルスクリーン可
  • iAnalyzer Lite インストール可能 動作もOK 画面大きめ

結局、自分がよく使う動画系は全滅。一番まともなのが「標高ワカール」という結果。
ただ、時期がくれば使えるアプリも増えるでしょうから、今は辛抱ってところかな。

ぼのかば

最初にプログラムしたのは相撲ロボット用のZ80アセンブリ(Aki-80)。
以後,PICアセンブリ>PIC C と渡り歩く。

好きなICのタイプは8pinDIP。

一応、電気科卒
*ブログ内の情報はMacOSX上での操作に基づきます。

雑記
PICを少々。