ESP32でI2Cを使う方法の情報まとめ

本ブログでもESP32 Arduino-coreでI2Cを使う方法を複数記事作成しましたので、このページをまとめ記事にします。

詳細はそれぞれの記事をご参照ください。

ESP32のI2C 基本的な使い方

下記リンク先の記事ではI2Cの概要、ESP32をMasterとして3.3VのSlave機器、5VのSlave機器との結線方法、サンプルコードなどを記載しています。

上記記事の目次は下記です。

ESP32 I2C Master/Slaveの使い方(プログラム例)

下記リンク先の記事ではESP32 Arduino-coreを使ったI2C マスターとスレーブの結線方法、プログラム方法を具体的に解説しています。

上記記事の目次は下記です。

ESP32のI2Cポートを同時に2つ使う方法

ESP32にはI2Cのコントローラが2組内蔵されています。これら2つのI2Cを同時に使う方法を下記記事にて紹介しています。

I2Cアドレス重複を抵抗とダイオードだけで解決する方法

こちらは関連記事です。
同一のI2Cバス上にアドレスが同じスレーブ機器が2台以上接続しなければならないケースの解決法を説明しています。
どうしてもアドレス書き換えられないセンサーを2つ同時に使いたい、などのケースで利用可能です。

まとめ

以上、当サイトで取り扱ったESP32 Arduino-coreでI2Cを利用する際の情報をまとめました。

ご参考になれば幸いです。

ぼのかば

最初にプログラムしたのは相撲ロボット用のZ80アセンブリ(Aki-80)。
以後,PICアセンブリ>PIC C と渡り歩く。

好きなICのタイプは8pinDIP。

一応、電気科卒
*ブログ内の情報はMacOSX上での操作に基づきます。

ESP32
PICを少々。